レンタル 龍web 緒方龍一ご贔屓ブログ - 2009年06月

龍web 緒方龍一ご贔屓ブログ

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
30
 
こないだ大阪城ホールのライブで観た東方神起、めちゃくちゃカッコよくて☆
東方神起はテレビの公開録画とか、韓国でのイベントでしか観たことがなかったし、曲もシングルくらいしか知らなかったんだけど、そんな私でも楽しめる構成だったv
お客さんも超熱狂的だったし(笑)。

で、東京フレンドパーク。
録画していたのをようやく観たんだけど、ユチョンがかわいすぎーッ!
こんな人が東方神起にいたなんて☆
ヤバイ、超かわいい(笑)。

ストッパーキューブリッジで、自分の番になって早すぎるキューブに戸惑うようにメンバーを振り返るのが果てしなくかわいくて。
めちゃくちゃかわいいかも☆



ユチョンのかわいさに感動覚めやらず!な状態で、ソン・スンホンだけが好き。という職場の先輩に、トンのことは知らないだろうなー、と思いながら「フレンドパークってみましたか?」と聞いてみると、ソン・スンホンだけが好き。な先輩、「東方神起は名前もよくわからないけど、リーダーだけがカッコイイ」といい、「ユチョンって誰?」だって。
・・・そうだよね。
ぶっちゃけ、私も東京フレンドパークで名前を覚えたんだけど(笑)。

で、他にもフレンドパークを見ていた人が5人くらいいて、皆が口を揃えて「リーダーがカッコイイ」だって。
・・・そ、そうなの?


そして次の日、フレンドパークをもう一度見てくれたソン・スンホンだけが好き。な先輩。

先輩「ユチョン、わかった」
  私「かわいいですよね!」
先輩「・・・地味すぎじゃない?」
  私「ソン・スンホンに比べたら地味ですけどッ!」
先輩 「いや、東方神起でも真ん中のIKKO似のコとか華があるじゃん」
  私「えー、IKKOって(笑)。でもユチョン、かわいいかったし☆」
先輩「だから、男を見る目がないってば(笑)」

ソン・スンホンもカッコイイとは思うけどー、くらいな私に先輩は「ソン・スンホンの魅力がわからないなんて。男を見る目がない、としか思えない!」って、いつも言ってて。
まさかトンでもこの流れになるとは(笑)。

ひどすぎる!
東京フレンドパークのユチョン、超かわいいのに(笑)。
スポンサーサイト
 
28
 
録画していた「チョ・ナンカン2」を見ていてビックリ。
このインタビューで使われているお店、行ったことあるーッ。
これまで地道にロケ地めぐりをしてきたけど、先回りってあんまりない(笑)。



L’OCCITANEスパの帰り、街を散策していたときに駅に向かう途中、外観がすっごくかわいくて、思わず入ってしまったカフェ。
ちょうど私の席から空席だった暖炉前が見えていたから、カメラに収めていたんだった。

z104.jpg

この暖炉の前に椅子を並べてインタビューしてたみたい♪

z106.jpg

とってもケーキが美味しくて、ラテもハートを書いてもらえてとっても嬉しかったv
お店の方は日本語を全くお話できなかったけど、親切にしてもらえて。

z105.jpg

ステキなお店だったから、懐かしいし、なぜだか無性に嬉しい(笑)。
 
27
 
z101.jpg

「変わりゆく空」 2005年3月21日
1. 変わりゆく空
2. いつか、虹の下で
3. 変わりゆく空 (Instrumental)
4. いつか、虹の下で (Instrumental)


1. 変わりゆく空
個人的にいろいろ凹むことが多かった時期で、広がりのあるメロディと、透明感があってそれでいて力強い歌詞に励まされて、「w-inds.を好きでいてよかった」っていつでもこの曲を聴くと思ってしまう。
リリース前に神戸での公開生放送で、テレビ朝日観覧のライブハウスの最前列で、ファンクラブイベントやツアーで、いろんな場面でこの曲を観てきたけど、どのライブも鮮明に覚えているほど印象深いものばかり。
PVも大好きで、リリース前にロケ地のカフェに行ったり、龍一くんが20歳を迎えるお誕生日に朝日を見るために真冬の埠頭に行ったり(笑)、楽しい思い出がいっぱい。

z102.jpg

ライブでは、「ageha」ツアーで、サビで照明が下から上にメロディにあわせて上がっていって、ステージが光に溢れてキラキラと瞬く光景が幻想的で、鳥肌が立つくらい感動的!だったのを覚えてる。

z103.jpg



2. いつか、虹の下で
ファンクラブイベント「風が吹いてきた」の大阪公演で「追加公演だから!」とバンド演奏でアンコールでやってくれたのが、私がみた最初で最後。
とっても好きな曲なので、ぜひツアーライブで聴いたみたい!!

3. 変わりゆく空 (Instrumental)
4. いつか、虹の下で (Instrumental)
 
26
 
z100.jpg
「try your emotion」 2002年2月20日リリース
1. try your emotion
2. Graduation
3. try your emotion~MoFO☆NARUSE Remix~    
4. try your emotion~Instrumental~


1. try your emotion
「1st message」ツアーの最後の曲で、めちゃくちゃ楽しくて!
ライブでは、皆で歌って踊って盛り上がれて本当に大好き☆
葉山くんの曲はアップテンポでポジティブなサウンドもw-inds.にジャストサイズでハマってカッコよくて凄い!と感動しきり。
PVもカッコかわいくて気に入ってる!

2. Graduation
テレビ朝日主催のライブイベントで歌ってくれたとき、セットリストに入っていたのが超サプライズだったのを覚えてる。
ダンスがまたかわいくて!
ファンクラブイベント「バスツアー」では、3人がセレクトしたアンコール曲を観客が選ぶというスタイルで、龍一くんセレクトが「Graduation」で嬉しかったv
 
26
 
z119.jpg

「Love is message」 2003年8月25日
1. Love is message
2. Night Flight~夜間飛行~
3. Love is message(Instrumental)
4. Night Flight~夜間飛行~(Instrumental)


1. Love is message
まだシングルリリース前の「THE SYSTEM OF ALIVE」ツアーで、もうすぐ発売される新曲としてセットリストに入っていた「Love is message」。
メロディもダンスも、歌詞も、PVも手放しで全部好き!
葉山くんがあんまり曲提供しなくなってた時期だけに、「こういうキラキラ☆w-inds.サウンド」に焦がれてた(笑)。
透明感があって、意志が強くい歌詞、優しいリズムで奏でられるメロディが今でも本当に大好き。
w-inds.ベストソングの1つ!

2. Night Flight~夜間飛行~
当時、Cメロを歌っているのは誰!?と、ちまたで騒然!
いま聴くとイコライジングされているとはいえ、どこからどう聴いても「龍一くん」なんだけど、あの頃は龍一くんの歌声がわかってなかったから、仕方ないよね(笑)。
この曲は「PRIME OF LIFE」ツアーの2曲目だったんだけど、衣装替えの瞬間を目を凝らして見るのが好きで、双眼鏡片手に下手の龍一くんをガン見してた!
この曲のダンスは終始キリリ龍一くんで、カッコよすぎた。
ノースリ迷彩でまた踊って欲しいッ!!

3. Love is message(Instrumental)
4. Night Flight~夜間飛行~(Instrumental)



 
26
 
z118.jpg
「キレイだ」 2006年6月7日
1. キレイだ
2. ふたりがふたりで
3. キレイだ(Instrumental)
4. ふたりがふたりで(Instrumental)

1. キレイだ
ポップでコミカルな歌詞、軽快なサウンドがとっても気持ちいいスキマスイッチ提供のシングル曲。
PVの間奏で階段を使って踊るダンスが大好き!
「PRIME OF LIFE」ツアーの少し前にリリースされた曲だったし、ライブでスーツ着て階段でダンスする3人に大感動!
台湾ではサビの「♪キレイだ」を、「♪ぴゃおりゃん」と歌っていたり、「PRIME OF LIFE」ツアーの思い出が凝縮されてる曲かも。

2. ふたりがふたりで
「PRIME OF LIFE」ツアーのアンコールは、会場ごとにセレクトして歌うスタイル。
この曲は、いろんな会場で聴いた気がする。気に入ってたのかな?

3. キレイだ(Instrumental)
4. ふたりがふたりで(Instrumental)

 
26
 
どこでどんな話からそんな噂があったのかわからないけど、次のシングルは葉山くんらしいよー、という話があったところに突然の「Pieces」リリースに驚いたのを覚えてる。
・・・噂はあてにならない(笑)。

ジャケットも凄くカッコよくて!
龍一くん、キリリとステキすぎ☆
それにしても。
改めて手にとってみると、春先リリースだったはずなのに、どこか秋っぽさを感じさせるジャケットだけど(笑)。

z117.jpg
2004年3月10日リリース

1. Pieces
2. move your body
3. Pieces (Instrumental)
4. move your body (Instrumental)



1. Pieces
慶太の歌声がとってもやさしくて大好き。
「ageha」の長野ツアーだったかな?
オーディエンスの歌う声がいっぱい聴こえてきて、その一体感に鳥肌が立ったのを覚えてる。
そういう心地よさがある曲もいいね~。

2. move your body
音源だとちょっと物足りない!
ライブで聴くと龍一くんのラップ、もっとスリリングなんだもん。
ファンクラブイベントやツアーでもやってくれたけど、またライブで見たい1曲!

3. Pieces (Instrumental)
4. move your body (Instrumental)



聴きたい曲はやっぱり「Pieces」。

 
26
 
今晩の予習・復習アルバムは「1st message」。

「Another Days」を聴いてすぐに「w-inds.聴かなくちゃ!」と手に取ったアルバム。
リリースされて既に半年くらい経ってたけど、ものすごい勢いで聴き込んで「1st message」ツアーに行ったのを覚えてる!


z116.jpg
「1st message」 2001年12月19日リリース

1. You can't get away
2. Winding Road
3. Feel The Fate
4. Winter Story
5. Give you my heart
6. Paradox(rumor style)
7. The New Generation
8. Forever Memories
9. Love you anymore
10. ROUND & ROUND
11. Endless Moment
12. New~age Dreams


1. You can't get away
もっとアイドルのアルバム1曲目ってキラキラ☆しているのかと思いきや、曲調はマイナーだし、歌詞も重たいし。
ちょっとビックリした(笑)。
いま聴くと、やっぱり慶太の声って、かわいいかも。

2. Winding Road
1曲目、2曲目って続いている感じで、なんだか改めて聴いてみると、「Winding Road」の方がオープニングっぽい雰囲気がするかも(笑)。
・・・それにしても慶太の声って、かわいいかも。

3. Feel The Fate
「1st message」ツアーの1曲目で、今でも「ダンダンダンダン」ってイントロでテンションが上がる☆
白い衣装の龍一くんがめちゃくちゃかわいくて!
ダンスがめちゃくちゃかわいくて、ステージで動く龍一くんに感動の嵐だった(笑)。
ライブで何度か歌ってくれているけど、いつも皆で楽しめて大好きv
ダンスがとってもかわいいから、PVどおりに踊ってくれると、なお嬉しい(笑)。

4. Winter Story
私は「1st message」ツアーの福岡公演に行ったからセットリストに入っていたけど、福岡の次の東京公演から新曲「Because of you 」が入って、セットリストから外れちゃったんだよね。
ツアーファイナルの鹿児島での野外ライブでアンコールで歌ってくれたとき、嬉しかったなー!
とってもかわいい冬の曲で、真っ白でピュアなw-inds.の雰囲気にぴったり。

5. Give you my heart
ライブでは楽器演奏をしてくれたんだけど、見てるこっち側まで緊張が伝わってきそうだった(笑)。
私はw-inds.を好きになる前、めちゃくちゃバンドが大好きだったから、龍一くんがギターを弾いてるのを見てるだけでも嬉しかった。

6. Paradox(rumor style)
「Another Days」の詩の世界観がとてつもなく気に入って好きになったw-inds.で、遅ればせながら、この曲を聴いて「葉山くんってすごい!」と絶賛モードに突入(笑)。
ピアノソロから入るアルバムバージョンのアレンジがまたよくて!
凄く気に入ってる。

7. The New Generation
私の音楽ライブラリに、ラップとレゲエって当時は全く存在しなかったので(笑)、こういう曲のノリが全くわからなかった・・・。
いや、今もそんなにわかってはないんだけど。

8. Forever Memories
改めて聴くと、イントロの音がキラキラしてて、とってもステキ。
葉山くんのアレンジってすごいな~。
慶太の声も、誰?っていうくらい、かわいい(笑)。
この曲もダンスがとってもかわいいので、振り付きで歌ってくれると本当にテンションあがる!

9. Love you anymore
単調なフレーズが続いていく、ドラマチックな展開なんてない曲なんだけど、思わず口ずさみたくなるようなメロディ。
意外と嫌いじゃない(笑)。

10. ROUND & ROUND
音源で聴いたとき、「これってどういうノリ?!」と思いながら聴いていたんだけど、ライブが楽しすぎた。
正直、最初はちょっと何が始まるのかと驚いたけど(笑)、やりはじめたら、超!盛り上がってた。
それにしても慶太くんチームばかりだったのが辛かった。
心はいつでも龍一くんチームだったけど!!
この曲はまたぜひライブでやって欲しいッ。
そして、そのときは絶対、龍一くんチームに入りたい(笑)。

11. Endless Moment
やっぱり葉山くんって凄いね、と思わずにいられない曲の1つ。
歌詞もメロディもめちゃくちゃ大好き☆
「1st message」ツアーの合間に、長崎であったイベントに行くと、ダンサーなしで3人で踊っていて、そのときに龍一くんが両手で作った輪を涼平がくぐる、というパフォーマンスがあって、もうそれが見れて大感動だった!
超かわいくて(笑)。

12. New~age Dreams
ライブの本編最終曲で、ミディアムテンポのこの曲に振りを付けて踊っている3人を見て、感動しきりだった。
ステキだったもん!





「1st message」で聴きたいのは、ズバリ!「ROUND & ROUND」。
ぜひ、龍一くんチームに入りたいです☆
 
25
 
今夜の予習・復習は「PRIME OF LIFE」。
・・・なんだかとっても懐かしい気がするのは気のせいではないはず(笑)。
2003年リリースって、もう6年前!

横浜赤レンガ倉庫でのリリースイベントにはじまり、ライブツアーの追加公演が「さいたまスーパーアリーナ」だったり、初☆台湾ライブがあったり。
「PRIME OF LIFE」ツアーは、本当に思い出がいっぱい。


z115.jpg
「PRIME OF LIFE」 2003年12月17日リリース

1. Love Train
2. SUPER LOVER - I need you tonight -
3. whose is that girl?
4. W.O.L. (Wonder Of Love)
5. Long Road
6. 空から降りてきた白い星
7. GAME
8. so what?
9. Love is message
10. Ex-Girlfriend
11. Dedicated to you
12. INFINITY
13. Deny
14. SUPER LOVER - movin' pleasure mix -


1. Love Train
天気って西から崩れていくし、通勤で乗ってる東海道本線を辿れば東京に繋がっている。
・・・ってことは、「毎日がLove Trainじゃん!」と、アホまっしぐらで通勤電車で聴いてた(笑)。
サビの転調がとてつもなく気に入っていて、リリースイベントで歌ってもらえたのが本当に嬉しかったな。
龍一くんがサビのメロディをコーラスじゃなくボーカルっぽく歌ってくれた「風が吹いてきた」のファンクラブイベントの神奈川公演が今でも忘れられない。
あのライブは本当に楽しかったな~。

2. SUPER LOVER - I need you tonight -
リリースされてもう6年も経つんだ!みたいな(笑)。
この頃は、元気ダッシュやラジオの公開録音もあったりして、いま思えばとっても充実していた気がする。
関西圏でもそれなりに恵まれてた時期だったのかも。
スパラバは、ライブで幾度となく聴いてきているけど、なんだかんだでTHE SYSTEM OF ALIVEツアーのオープニングの赤スパンコールの印象を上回るものがないかも。
あの龍一くんの愛らしさは犯罪的だったし!
ライブでやるならぜひゴージャス衣装で踊ってほしいかも(笑)。

3. whose is that girl?
音源で聴くにはいいけど、ライブだとイマイチこういう曲ってノリが掴めない感じ(笑)。
でも、今やってくれたら、楽しめるかも??

4. W.O.L. (Wonder Of Love)
わりと単調なメロディ展開なんだけど、聴き込むと意外とそれがツボになってくる曲だし、華やかな曲が多いw-inds.サウンドのなかでは、異色の存在。
セットリストの場所次第で、いろいろ楽しめそうかも。

5. Long Road
学園祭ツアーのときに新曲扱いで、PRIME OF LIFEツアーでは、メドレーに組み込まれちゃった。
で、台湾ライブでは、中国語で歌ってたりしてビックリした(笑)。
「THANKS」ツアーで、かなりダンスが変わって、最初は抵抗があったけど、途中ぐらいから旗を一緒に振るのが楽しみで、会場限定フラッグもいっぱい買った(笑)。
また聴きたい!

6. 空から降りてきた白い星
2008年Zeppでのクリスマスイベントにまさかのセットリスト入り!
「PRIME OF LIFE」「THANKS」ツアーでもやってくれたから、意外と観てるのかもしれない。

7. GAME
音源で聴いてもピンとこなくても、パフォーマンスを見て覆されることが楽しいw-inds.のライブ。
この曲もまさに!だったけど。
めちゃくちゃ単調で、盛り上がりがどこにるかわかんない曲なんだけど、ダンスもカッコよかったし、とにかくパフォーマンスが大好きだった。
「あんまりだー!」が最高だった☆

8. so what?
涼平が振りをつけた曲で、リリースイベントで初パフォーマンス☆だった曲。
「PRIME OF LIFE」ツアーでは、曲の冒頭が映像だったんだけど、この映像の龍一くんがかわいくて!
賛否両論あった龍一くんの、髪型だけどデコ出し、私は大好きだった☆

9. Love is message
w-inds.の曲で何が好き?と聞かれたら、必ずいつでも上位に入ってくるシングル曲の1つ。
透明なメロディと歌詞がとにかく大好き。
ダンスもとってもかわいいし、文句なし☆
けど、「THE SYSTEM OF ALIVE」ツアーで新曲扱いでやってた曲だから、あまりPRIME OF LIFEのイメージがない(笑)。

10. Ex-Girlfriend
音楽性の幅をきかせてくれているのはわかるんだけど、ときどきノリが掴みにくい曲が来て驚かされるw-inds.サウンド。
この曲も、私にとってはそんな手ごわい曲の1つ(笑)。

11. Dedicated to you
切ない世界を歌う慶太のボーカルが、透明感があって広がりのあるメロディが、とても心地よくて、ライブで聴くと鳥肌が立つくらいだった。
とても好きな曲。

12. INFINITY
「PRIME OF LIFE」のオープニング曲で、黒い衣装を着て坂道で踊る龍一くんを必死に追ってた。
カッコよかったし!
当時のw-inds.では珍しいロックチューンだと思っていたけど、いま聴くと「ロック」っていうほど、ロックじゃないのが面白い(笑)。

13. Deny
「PRIME OF LIFE」ツアーでは、セットリストに入ってなかったけど、ファンクラブイベントでは振りつきで踊ってくれてたり、NHKの公開録画で歌ってくれたり。
とっても懐かしい気持ちになれる1曲。
2008年のファンクラブイベントでも歌ってくれたし。

14. SUPER LOVER - movin' pleasure mix -
スパラバのアレンジは、「THANKS」ツアーでreggaeバージョンがあったし、今後も何らかの展開があってもおかしくない(笑)。




ライブで聴きたいのは「Love is message」「Dedicated to you」。
 
24
 
次の復習アルバムは、2007年3月7日にリリースされた「Journey」。
飛行機をバックにしたジャケットがカッコよすぎる!

z113.jpg

Journey(2007年3月7日リリース)
1. THIS IS OUR SHOW
2. Top Secret
3. Is that you
4. Crazy for You
5. Devil
6. TRIAL
7. 遠い記憶
8. Milky Way
9. Journey
10. メッセージ
11. 地図なき旅路
12. Celebration
13. ブギウギ66
14. TRIANGLE
15. ハナムケ


1. THIS IS OUR SHOW
ライブでもオープニング曲で、華やかなイメージが強い!
ちょっと1曲目以外考えられない感じだから、いきなりライブの中盤にセットリストを入れられたら、めちゃくちゃ驚かされるかも(笑)。
ちょっとあまりにもそのまんま!みたいな歌詞には若干の抵抗があるけど(笑)、それを補って余るくらいイントロのドラムや、Bメロのアレンジが気に入ってる。

2. Top Secret
近未来的なサウンドなダンスチューンで、衣装やセットもすごくイメージどおりで、ツアーでは凄くカッコよかった☆
この曲って、普通に聴くとリズムもメロディもかなり単調なのに、アゲアゲな掛け合いボイスがインパクトあるからか、全体的にはどこか華やかな印象もあったりして。
ちょっと不思議な感じの曲かも(笑)。

3. Is that you
掴みどころがない曲で、ライブでは何度観ても、どうノっていいのかすらもわからないまま(敗北感)。
ライブでは慶太がカッコよかった!と、慶太ファンのお友だちは誰もが絶賛してた気がするので、そういう楽しみ方も必要だったのかな?
でも!龍一くん、あんまりキメキメじゃなかったしな・・・、ライブでこの曲(笑)。

4. Crazy for You
ファンクラブイベントや、「Journey」ツアーでも踊ってくれたので、わりと馴染みのある曲かも。
w-inds.っぽい感じの曲だし、ダンスフォーメーションもカッコよくて、ステージ栄えする!

5. Devil
龍一くんと涼平が左右対称で踊るフォーメーションや、背中合わせで座り込んじゃう場面が、とにかくステキすぎた。
私のw-inds.人生の中で、いちばん千葉涼平を意識した曲だと思われる(笑)。

6. TRIAL
初めて聴いたときから気に入って、いつでも聴いていたい曲の1つ。とにかく大好き!
映画「GOAL」でプロモーションのお仕事もいっぱいあって嬉しい思い出ばかり。
Bメロって結構低いのに、サビって結構高くて、しかも歌詞とメロディのハマりも、いい感じに難しくて慶太の歌唱力が自然とひけらかされている気がする。
悔しい!慶太のくせに。
しかもちょっとだけ、このときの慶太ってカッコいいし。
ま、カッコいいのは、ぶっちゃけイケてた髪形のせいだと思うけど(笑)。

7. 遠い記憶
w-inds.お得意のキラキラ☆ソング。
こういうポップで明るくて爽やかな感じのテイストは、1ツアー1曲は欲しいかも。

8. Milky Way
「Journey」ツアーでは七夕の曲、とか言ってツアーの最初(7月上旬)だけセットリスト入りしていた曲なので、ぜひ今年も期間限定でセットリストに入れていただきたい。

9. Journey
ときどきw-inds.のツアーでは、「当たり前にセットリストに入っているだろう」と思っていた曲が、入っていないことがある。
そのうちの1曲が、アルバムタイトル・ツアータイトルになっていたリード曲「Journey」。
まさか「Journey」ツアーのセットリストに、この曲が入っていないとは思いも寄らなかった(笑)。
CDで聴くと、この曲と次の「メッセージ」の流れがとても気に入ってる。

10. メッセージ
自然な言葉とメロディで綴られた「思い」をテーマにしていて、とっても温かみが感じられる曲。
葉山くんの曲ってやっぱりいいな、と思わずにはいられない。
この曲は、ファンクラブイベントみたいなセットじゃなくて、重厚感のあるツアーステージで聴きたい。
また歌ってほしい。

11. 地図なき旅路
「Journey」「メッセージ」「地図なき旅路」、このいずれにも「旅」というフレーズが入っていて、生きていく、「人生の旅路」3部作。
アルバム歌詞カードの龍一くんがかわいすぎて、私の中では勝手に「龍一くんの曲」になっていたんだけど(笑)、これもまさかのツアーセットリストにない1曲だった。

12. Celebration
アルバムリリースに先行して音楽配信された曲だったのに、この曲もセットリストになかった(笑)。
本当にかなり読めない!w-inds.セットリストって・・・。
ちょっとデジタルっぽい感じで、ライブでするとどんなパフォーマンスになるかわかんないけど、もしやってくれるならキメキメのフリで、ブリブリにかわいく踊って欲しいかも!

13. ブギウギ66
どこからも音源を聴く前に、PVシューティングの神戸公演アンコールでバンド演奏で聴いたこともあって、とんかくライブ!の印象しかない。
キメキメのダンスポーズもカッコイイし、Cメロで皆して寝転んで慶太を引き立てる!なんて、パフォーマンスも斬新だし(笑)。
バンドとホーンアレンジが、ダンサブルなロック!的にゴージャスなサウンドで、歌詞もスピード感のあるインパクトがあるフレーズがちりばめられてて。
Aメロの慶太のボーカルとハモる龍一くんの声のハマり具合もいいし!何度でもライブで聴きたい1曲☆

14. TRIANGLE
「Journey」ツアーでは、セットリスト入りしていなかったのに、次の2008年のファンクラブイベント「everyday w-inds.」ツアーで、まさかのダンス付でセットリスト入りで、めちゃくちゃ驚いたのを覚えてる(笑)。
ライブではめちゃくちゃパフォーマンスがステキだったし、ぜひまたやってほしい!
ファンクラブイベントはちゃんと映像に残ってないし・・・。

15. ハナムケ
2007年の龍一くんのお誕生日に銀座であったイベントに行って、はじめてステージでのパフォーマンスを見た曲。
振りそのものは難しくなさそうではあったけど、3人の緊張がなんだか伝わってきそうな重厚感だった。



アルバム「Journey」で聴きたい曲は「Journey」、「メッセージ」、「TRIAL」かな。
 
24
 
シングル曲もどんどん聴いていかなくちゃ!
「Journey」つながりで、まずは「TRIAL」。

z114.jpg

「TRIAL」 2006年5月24日リリース

1. TRIAL
2. Back At One
3. 風詩-KAZAUTA-
4. TRIAL-instrumental-

1. TRIAL
映画「GOAL」の日本語版主題歌ということで、番宣があったり、プロモーションもいつもと違った感じで嬉しかった!
メロディも歌詞もダンスもとても気に入ってて、何度でもライブで観たい!と思うし、これからも歌い続けて欲しい1曲。
2種類あったPV、私は「夢を追い続ける」という曲のイメージとピッタリ!なので、映画バージョンの方が気に入ってるかもv

2. Back At One
「THANKS」ツアーではオープニング曲で、2曲目の「IT'S IN THE STARS」への流れがどちらもいい感じにスペイシーな雰囲気を存分に出しててカッコよかった!
キラキラした衣装もカッコよかったし、ダンスもキメキメ☆でステキだった。

3. 風詩-KAZAUTA-
壮大なバラード曲で、コーラスもこれでもか!ってくらい入っていて、BSBを髣髴とさせる曲。
慶太だけじゃなくて、龍一くんも歌が上手いんだってッ。

4. TRIAL-instrumental-
カラオケで歌うとわかる。慶太が歌がうまいってこと!
・・・悔しいけど、敵ながらアッパレ☆



 
24
 
WOWOWで放送が決定した「カインとアベル」。
めちゃくちゃ楽しみにしていたドラマだけに、WOWOWでの放送が本当に嬉しい!

z110.jpg

韓国ドラマって1話が60分以上あるのに、日本でテレビ放送されるとCMなどで正味50分弱にまとめられちゃうから、シーンがいくつもカットされすぎてワケがわからなくなることが多くて。
BSジャパンで放送されている、今いちばん気に入ってる韓国ドラマ「オンエアー」も、1週1回オンエアでは続きが気になって仕方なくて、ツタヤで大人レンタル!しちゃったし(笑)。



定期的にWOWOWは韓国ドラマを放送してくれるけど、外れがない気がする。
私が韓国ドラマにハマったキッカケは、カン・ドンウォンがステキすぎた「1%の奇跡」なんだけど、そのあとにみた「私の名前はキム・サムソン」では、最高にヒョンビンがカッコよくてv

「サムスン」なんて、そのあと民放でもいくつも再放送されてたけど、WOWOWのときに真剣に見てたから、「ココもカットされてる」「あのシーンがない!」と、文句を言いながら見てた。
ストーリーを知ってるんだし、そもそも見なくてもよさそうなもんだけど、面白いドラマで何度見ても楽しめたから、文句を言いながら見てた(笑)。

「犬とオオカミの時間」のイ・ジュンギも、「ある素敵な日」が超カッコよかったコン・ユ、私と誕生日が同じ3月19日生まれのキム・レウォンの「食客」、どれもカットなし☆で、楽しめたし。
WOWOW万歳!

韓国での前評判どおり絶対にソ・ジソプはカッコイイだろうし、今から楽しみ!

 
24
 
先日、韓国旅行に行っていたお友だちからお土産でいただいたCD。

z111.jpg

なんでも中身は日本版と同じらしいけど、とっても嬉しい☆
ありがとうv

z112.jpg

今年は2月に行ったきりで、まだ次の旅程は決まってないけど、年内にまたソウルには行きたいな。
切実に秋の追加公演の日程、早く告知してもらいたい(笑)。
ついでに韓国や台湾公演についても、あるならあるで教えてほしいッ。

 
24
 
w-inds.初!アルバムリリースなしのツアー☆
私は、個人的にアルバムの冠がつかないツアーも大好き!
どんな曲をやってくれるんだろう?と思うだけで、ドキドキする(笑)。

予習というか復習を兼ねて、コレまでにリリースされたアルバムを聴いてみるんだけど、どの曲にも思い入れがあって、どの曲もライブで聴きたい!と思ってしまう。

今ちょうど部屋で聴いてるアルバムは「THANKS」。
とにかくジャケットがカッコよくてヤバかった。
黒スーツとか龍一くんがステキすぎてどうしようかと!

z129.jpg

5thアルバム「THANKS」 2006年3月15日リリース
1. 1 or 8
2. Hush...!
3. Still on the street
4. Midnight Venus
5. IT’S IN THE STARS
6. LIGHT
7. 十六夜の月(unplugged)
8. 約束のカケラ(acoustic)
9. 影法師
10. Balance
11. Stomp
12. Sup wassup!!
13. 蝉時雨

1. 1 or 8
「THANKS」ツアーでは中盤曲で衣装がカッコよかったんだった!
黒ロングコートを脱ぎ捨てて、ミリタリーで。
パキパキと踊る龍一くんがカッコよかったな~。

2. Hush...!
この曲のためにツアーに行ってる、と言っても過言ではないくらい黒ロングコートが気に入ってた。
龍一くんは日によってコートのボタンを閉めたり外してたりして、そんな些細なことにも感動していたくらい(笑)。
とにかくカッコよかった!龍一くん。
音源で聴いたときはそんなに気に入ってなかったのに、パフォーマンスで見事に覆された曲の1つ。
あと、ライブに行くたびに日替わり?ってくらいに曲前の映像に入るコメントが変わってたんだけど、最終日に見たら、どうしたの?ってくらい最初と変わってて、素で驚いた(笑)。

3. Still on the street
ライブでやってくれるもんだ、と思ってた曲だったのに、セットリストに入ってなかったから、1度もライブで聴いたことがない曲。
間奏ではギターソロがあったり、ピアノが入っていたり、アレンジが面白いし、サビの転調もドラマチックなサウンドなのにダンサブルな印象もあって、きっとライブで聴くと華やかになると思うし、今回のツアーではやって欲しいかも!

4. Midnight Venus
アルバムがリリースされた直後のファンクラブイベント「バスツアー」で、初パフォーマンス☆
ファンクラブイベントでは、かなりシャカリキで踊っていた龍一くんが、ツアーに入ってからはそんなに踊ってくれることがなくなっちゃって寂しかった。
サビのフリ、全力で踊ると超かわいいかっただけに(笑)。
もともと龍一くんは、踊り続けているうちに、どんどんオリジナル色が強くなっていく傾向があるみたいで、ツアーの最初と最後ではダンスの印象が違うことが多いけど。
ディスコちっくで、英詩も軽快!また聴きたい1曲かも☆
武道館での慶太マイク落下事件☆が、いまや伝説と化しているけど、残念ながら私は武道館ライブに行ってなくて。
残念な気持ちで今もいっぱい。
・・・ま、武道館に行っていたとしても慶太を見ることはなかったとは思うけど(笑)。

5. IT’S IN THE STARS
今までに何度となくやってくれている曲だけど、テンションが上がる曲で大好き!
去年の代々木のサプライズアンコールでも、めちゃくちゃ楽しめたもん☆
シンプルなサビの手フリも簡単で一緒に踊れて楽しいし。

6. LIGHT
アコースティックサウンドが前面に押し出された葉山くん曲で、力強い歌詞が、「今のw-inds.を象徴している」曲に仕上がっていて、とても気に入ってた曲の1つ。
残念ながら「THANKS」ツアーのセットリストには入っていたなかったので、ライブでは未発表曲の1つ。
ぜひぜひ今回のツアーにはセットリストに入れていただきたいッ!!

7. 十六夜の月(unplugged)
シングル音源もいいけど、アコギメインのアレンジも曲のイメージとってもあってていい。
w-inds.はバンドではないけど、こういうギター1本で合わると曲の完成前のデモ音源っぽい雰囲気も感じられそうで、私は好き。
楽屋で龍一くんが奏でるギターに慶太が歌う、みたいな雰囲気。
いつかホントにそんな曲がw-inds.から生まれたらいいのに、と願わずにはいられない。

8. 約束のカケラ(acoustic)
さっきの十六夜から続けて聴くと、パーカッションが入ったりちょっとデモ音源からちょっとだけアレンジが入った感じのサウンドとして楽しめるアレンジで、曲作り頑張ってます☆的なバンドの合宿に思えて仕方ない曲順(笑)。

9. 影法師
コーラスも、慶太のフェイクも心地よくて、ライブで聴いたとき鳥肌ものだったのを覚えてる。
ファンクラブイベント「バスツアー」と、「THANKS」ツアーではセットリストに入ってたし、なんだかとっても懐かしく思えて仕方ない。

10. Balance
w-inds.のアルバムに1曲は必ずある!的な、どこまでもピュアでイメージカラーが「白」みたいな曲(笑)。
ダンスがとってもかわいかったんだよね、3人だけで踊ってて。

11. Stomp
どうしちゃったの、ってくらいロック!
しかもポジティブロックではなく、どちらかといえばマイナー(笑)。
サビで転調したり間奏のギターも、どちらかといえば弾きまくりではないし、重たい系。
私は嫌いではない系のサウンドだけに、ぜひライブでやってもらいたい1曲!

12. Sup wassup!!
「THANKS」ツアーでは、ダンスブリッジからのつなぎがめちゃくちゃカッコよくて☆
印象的なリフから曲が始まる!と思ったら始まらなかったり、期待を裏切ってくれたアレンジも気に入ってた。
ライブではサビで炎がたかれたり、ステージングもロック!な演出でクールだった。
またライブでぜひ盛り上がりたいッ!!

13. 蝉時雨
ライブでは最後の曲だったんだけど、フレーズの一つ一つが「夏の終わり」を髣髴させる曲だった。
悔しいけど慶太ってリズム感いいよね、と褒めずにはいられなかった。
凄く難しい曲なんだもん!
Bメロなんて、リズムがとりずらくて難しいのに、軽やかにブレスを入れて、なおかつキッチリと音符にあってて、敵ながらアッパレ☆としか言いようがない、とライブで聴くたび感動してた。
とっても気に入ってた曲。



こんな「THANKS」のなかで、一番聴きたい曲は・・・「LIGHT」!
ぜひバンドアレンジで聴いてみたい☆
 
22
 
夏といえばサンダル!
楽そうなヴィレッジでキラキラしたのが欲しかったので、ピンクゴールドのサンダルを購入☆

z127.jpg

そして、クリスタライズでアレンジ(笑)。
もっとキラキラにするつもりだったけど、サンダルは思いのほか面積が広くて、50粒ほど貼り付けて挫折。
でも、このくらいでも十分かな?

z138.jpg
 
22
 
X‐SEED

ツアー衣装の製作現場なんて、agehaのツアー写真集以来に見せてもらえたかも☆
もうすぐはじまるツアーの衣装が超!楽しみ。

とにかく気に入ってた衣装はTHANKSツアーの「Hush・・・!」。
この黒コートはヤバかった。
めちゃくちゃ龍一くんカッコよかったし!

あとは、THE SYSTEM OF ALIVEの「Night Flight」や「Find Myself」。
THE SYSTEM OF ALIVEは「Love is message」あたりで着てた白系の衣装もかわいかったな~。

ラフでもいいけど、ツアーはゴージャスすぎる衣装じゃなくてもいいけど、曲のイメージあった衣装で踊りまくって欲しい!
で、ところどころでキリリ龍一くんが堪能できるようなキメキメなスーツとか着てくれたら嬉しい(笑)。

 
22
 
中央日報

中央日報にインタビュー記事が掲載されてた。
サインライトの色については、もしかして?という話が出ていたけど、もしかして青一色なのかも!
発売されるライトが緑じゃなかったら、これまでのライトを振ってやるッ、と思っていたけど、そんな趣旨なら単色ライトだけでまとまった客席もみてみたいかも・・・。
Leadが特定の曲で特定のライトを振っているのも楽しそうだったし。
けど!どうせなら白とか、これまでのメンバー色になかったカラーがいいな。
2年前かな?Leadで買ったホワイト、とってもかわいかったし☆

単色ライトは、私も去年の韓国でのアジアソングフェスティバルで見てキレイ☆って思ったし。
オープニングで登場したSS501は、グリーン。
ステージから見て、スタンドの左上がSS501のファンの人たちがいる場所だったんだけど、ファンの皆が振る単色グリーンのライトは夜の闇の中で浮かび上がってて超キレイだった。
グリーンは龍一くんの色だし、SS501はその頃はそんなに知らなかったけど(笑)、カラー的に気になったくらい!

そしてステージから見て右上のスタンドは東方神起の赤一色!
カシオペアの皆さん(東方神起ファンの総称)は、東方神起とシン・スンフン氏のステージ以外では、ライトを一切つけず、カシオペアのエリアは真っ暗。
そのあまりの統率力のすさまじさに、SS501のファンが揺らすグリーンのライトがなんともフレンドリーに思えて仕方なかった(笑)。

w-inds.も以前はグリーンっぽいサインライト一色だったのが、agehaくらいから3色に。
慶太の色はオレンジや赤と変わったりもしたし、ファンクラブイベントでは必ずしも複数色の品揃えではなかったけど、ツアーで龍一くんカラーはいつもグリーン。
とっても気に入ってる色だったから、この色がなくなっちゃうのはちょっと寂しいけど。

とにもかくにもツアースタートまであと2週間!
めちゃくちゃ楽しみ☆
 
20
 
20090620165058


超!お天気のいい大阪で絶賛開催中のオンワードファミリーセール☆
関西に引っ越してきてから、かれこれ5年。ファミリーセールの入場券をいただけるような知り合いがいなくて、大阪のオンワードファミリーセールは初めて。
セールのあとに出かける用事があったから車で行ったんだけど、「止めれなかったらどうしよう」という不安は的中で、周辺の駐車場は既に全て満車状態。
さんざんパーキング放浪したあげく、高殿のオンワードビルから炎天下を20分近く歩くような場所にしか駐車できなかった。
さすがオンワードファミリーセール!

お買い上げ後は、こんなに素っ気無い紙袋に入れられちゃうんだけど(笑)。
z137.jpg

1階の奥でファミリーセール最終週のみ開催された処分品エリアで激闘の末、手に入れた品々をご紹介☆


Z128.jpg
背中のタグがちょっとヨレている(まるで気にならない程度)iCBのTシャツ
1000円(元値@10395円)

z121.jpg
襟の折り返し部分に、わずかに光の加減でわかる程度の折シワのあるany SiSのジャケット
3000円(元値@28350円)

z124.jpg
セットアップのタートルの(全くわからないような)脇下にほつれがあり、こちらは全くの無傷!なiCBのジャケット
1000円(元値@18900円)

z123.jpg
もしかしてココがほつれなのかな・・・?程度にしかわからないリボン部分にわずかな繊維のほつれが認められるかもしれないワンピ
3000円(元値@29400円)

z122.jpg
激細の肩ひもがちょっと外れそうになっているワンピ
3000円(元値@30450円)

z139.jpg
オフィス系普段着に最適!無傷なany SiSのTシャツ
500円(元値@3990円)

z120.jpg
タグ部分にわずかな折シワがある絹70%のサラサラスカーフ
1000円(元値@12600円)


普段から、自分のツメでニットをダメにすることが多い私なので、「ワケあり」理由について詳しく書かれたタグを見ても、「どこがダメなの?」とわからないような状態で出される処分品は宝の山!
デザインも、品質も一流品ばかりなので、とっても目移りするけど、あえてこの価格だけに、普段は買わないようなカラーや雰囲気にもチャレンジできちゃうのが楽しい☆
とはいえ、この処分品コーナーは、いつ怪我人が出ても不思議じゃないくらいの盛り上がりだったけど(笑)。

それにしてもコレだけ買って1万円ほどだなんて!
昨日買ったUNTITLEなんて、トップスとサマーニットジャケットだけで2万円超だったのに(笑)。

お母さんがお友だちから「もしよかったら行きます?」と、前日にもらってきたファミリーセールで、かなり急だったけど予定を変更してでも行った甲斐があった☆
オンワードはそれでなくてもアウトレットモールには出店がないし、ファミリーセールが楽しすぎた。
 
19
 
今年は、6月なのにSALEをやってるデパートが多い!気がする。
いろいろ見ていたら欲しくなっちゃったのがUNTITLEのトップスとニットのサマージャケット。
ゴールドブラウン系って、あんまり持ってないし、袖はかわいいし☆
どーせ、SALEになったところで高いお店だし(笑)、なによりもこの色がなくなってたらショックだし、とお買い上げ~。

z135.jpg

モバイル会員になったらその場でもらえるminiトートバックは、鮮やかマリンブルー!
UNTITLEってこういう色目、ほとんどないと思うんだけど(笑)。

z136.jpg
 
13
 
いつまで経ってもアクセスできないし、2時すぎになって、諦めてもう寝ようかなー、と思いつつ携帯サイトを最後に観てたら、注文サイトに行けちゃた☆
いままで携帯サイトでグッズを買ったことがなかったので(笑)、名前や住所などの入力をして、ようやく注文完了!

サイズも、S・M・Lと選べて、デフォルトで注文枚数は1枚ずつの購入、そして気になる送料は600円。
VISAとMASTERだけだけど、クレジットカードでも支払いできるのは便利かもv

届くのが楽しみだな~。
それにしても!どうせならタオルなども作ってくれたらよかったのに☆

z134.jpg

 
13
 
RyuTubeのTシャツ購入画面に何度チャレンジしても繋がらない。
そして携帯サイトにアクセスしていると、「冠慶太」の文字。
って、なんだこれ(笑)。

z130.jpg

ちょっとロゴ、かわいいし!

z131.jpg

慶太といえば、おちさん。
変な距離感で座っている二人で、話は進んでいく。

z132.jpg

グデグデな話の果てに、冠慶太のタイトルコールとキメポーズも決定(笑)。

z133.jpg

・・・内容は全くわからなかったけど(笑)。



 
13
 
お馴染みの新星堂☆BLOGにも、写真がいっぱい載ってた~。

それにしてもその文中に、アルバムリリースがない、といった内容が。
・・・いや、今時点で全くリリース情報がないし、もしや?とは実は誰もが疑っていたと思うけど!やっぱりちょっとビックリ。

150曲近くある楽曲から、どんなセットリストになるのかが本当に楽しみ!


z148.jpg

 
13
 
残業していると、「まだ仕事中ですか~?○○にすぐ来てください~!」と、定時ちょっと過ぎてすぐに帰った酔っ払いな上司と酒好きなクライアントさん軍団から外線で電話が入り(笑)、仕事帰りに飲みに行っちゃったから、帰りの電車でようやくチェックできた限定Tシャツ情報!

あわててアクセスしたけど、23時過ぎからずっと同じメッセージ。
・・・どうしてー。

z149.jpg
 
13
 
z147.jpg

VISIONのHPでVMAJの動画が、淡々と流れてた。
ま、既出の情報だし、テロップなんて要らないか(笑)。

VMAJには行ったことがないんだけど、カメラマンさんもスーツ姿なんだね!
カッコイイ☆

 
11
 
RyuTubeスタッフブログで告知された限定Tシャツ。
白地にロゴという、これぞシンプル!なこだわりすら感じさせるデザイン(笑)。

ツアーにまでに自宅に届く、というスピーディな対応がまるでVISIONとは思えない仕事っぷり☆
明日の正式告知が楽しみですッ。

z146.jpg
 
09
 
東京のイベントは残念ながら落選してしまって行けなかったけど、かなりいいタイミングでRyuTubeでリアルタイム更新されてて楽しませてもらえた☆
終わってみればこんなにアップされてたんだね(笑)。

z145.jpg

リリースイベントのレポートも、早々とアップされてた!
すごい~ッ。

z144.jpg

そして、追加公演も発表された!ということで嬉しい限り。
文面を見る限りでは、具体的な会場名や日程は告知されなかったのかな?
早く知りたい!
 
08
 
ダイノジ presents 「ジャイアンナイト feat. visual in 大阪」
2009年6月7日(日) SAM&DAVE長堀橋店

DJ浅井博章氏の爆寸出張ライブということもあり、行ってみることに!
客入れ直後の「ガッツ岩瀬」DJセレクトのcali≠gariやメリー、ナイトメア、シド、the GazettEって、私の中では「最近のバンド」で、ぶっちゃけDirやムックだってそういう意味で、ほとんど知らなくて超!新鮮(笑)。
たぶんDirよりLa:Sadie'sのライブの数の方が多そうだし。←どんだけ古いんだろう、私って・・・。

Pierrot / 蜘蛛の意図
Raphael / タッチ
Janne Da Arc / ヴァンパイア
Janne Da Arc / R-Type
Raphael / 夢より素敵な
La'cryma Christi / Forest

けど!この流れはステキすぎた☆
Janne Da ArcやPierrotは今でも聴くけど、Raphaelは懐かしすぎ。
BreakOut!のイベントだったかな?Raphaelのライブで聴いたYUKIの声と曲のクオリティに感動したのを覚えてる。

そして、首にコルセットをつけたダイノジ大谷さんが「紅」で、エアドラムYOSHIKIを演奏していたのには爆笑!
すごい、凄すぎる~ッ。
それ以外にも「妄想日記」「激愛メリーゴーランド」で手フリが完璧だったり!見ていても楽しかったし。

私は完璧に一人で行ってみたんだけど、やっぱり一見すると一人できてる人なんて少なかったかも(笑)。
皆、誰かしら知り合いがいる、っぽい雰囲気だったな~。
ゴスロリとか見てわかるようなバンド系の人や、バンド名の入ったTシャツを着てたり、ライブ仕様な人もたくさんいたけど、街を普通に歩いているようなTシャツっぽい格好の人も多かったし。
キャリー持ちの人もいたり、いろんなところから遊びに来ているんだろうなー、という感じも。

曲によっては思いっきり頭を振ったりもしたけど、後ろあたりの壁際だったから、疲れたり知らないバンドだったりしたら、イスに座ったり、ドリンクを飲んでまったりしながら見てたけど、17時スタート22時終わりなので、それくらいのペースじゃないとやってられない(笑)。

akiさんのセットリストもまだ出ていなかったみたいなので、覚えている(知っている)曲だけでも書き出してみよう☆



【爆発寸前】 DJ浅井氏

hide / ピンクスパイダー
Judgement 死神のkiss / Janne Da Arc
満月に照らされた / Pierrot 
Pa・ra・no・i・a / ROUAGE 
ALKALOID / Laputa
Don't tell a lie / SIAM SHADE
White Period / La'cryma Christi 
Chaos / PENICILLIN
Blieve / SOPHIA
ヴァンパイア / Janne Da Arc
彼女の"Modern..." / GLAY
Dejavu / LUNA SEA
症状3.×××症 / Rapael
ジャーマンパワー / SEX MACHINEGUNS


爆寸そのものが初!参戦だったんだけど、akiさんが「名古屋系!」と煽ってはじまった、「ROUAGE」や「Laputa」、遠目にはyasuにしか見えなかったコスプレさん、「White Period」「Blieve」のお客さんのサビコーラスでは音量を下げて歌っている皆の声を聴こえるようにしたり、「Dejavu」はライブバージョンだったり、セットリストだけじゃなくて本当にライブっぽい!!
あの当時は「オンリー」だ、「本命」だという人も多かったけど、やっぱり私はどのバンドも好きだった☆と再認識(笑)。

そこで!私もちょっと好きな曲を並べてみた。
まずはバンドのリストアップ。

X、LUNA SEA、Janne Da Arc、hide、La'cryma Christi、Pierrot、MALICE MIZER、FANATIC◇CRISIS、D'ERLANGER、GLAY、wyse、L'Arc~en~Ciel、SOPHIA、DIE IN CRIES、ROUAGE、Laputa、SIAM SHADE、黒夢、Zi÷Kill、Silver Rose、RONDE、Raphael、sex MACHINEGUNS、vivid、Dear Loving、Merry Go Round、Gargoyle、Gilles de Rais、Psycho le Cemu、S.Q.F、Eins:Vier、etc。

あー、膨大なバンドが出てきてしまった。とてもセットリストなんて作れなさそう・・・。
と、とりあえず!頑張ってセレクトしてみよう(笑)。

LUNA SEA / JUSUS、END OF SORROW、CIVILIZE、PRECIOUS...、LOVELESS
Janne Da Arc / 桜、Confusion、Junky Walker、ヴァンパイア、So Blew
Pierrot / HAKEN KREUZ、MAGNET HOLIC、トリカゴ、ドラキュラ、満月、CREATURE、蜘蛛の意図、Waltz
MALICE MIZER / madorigal、Brise、追憶の破片
vivid / 星ノ砂
Laputa / MASTER、
FANATIC◇CRISIS / 7、B.R.E.E.Z.E.、BE YOU、Maybe true、FREEDOM、more pain、LOVE&LIES

・・・ダメだ、私の好きな曲って意外とミディアムが多いみたいで全然!盛り上がりそうにない(笑)。
あの頃の履歴書には「趣味・特技」の欄に「ヘッドバンキング」って書けそうなくらい、そして思い切り頭が振れるという理由で「通路席」が大好きだったのに、普通に聴くならミディアム系なのだった・・・。

また機会があったらぜひ!ビジュアルDJイベントに行ってみたい☆

 
07
 
20090607224402
 
07
 
20090607171603
 
07
 
リリースイベントグッズは、エコバッグとポーチのセット。
黄色メインで、めっちゃくちゃ派手!

ポーチは2つ入っていて、一つはクッションが入っているので、デジカメ等が入るような感じのサイズ。
もう一つのポーチは、部分的にメッシュになってるので、軽い感じに使えるのかな。
メインのエコバッグはとにかく派手でどうしようもないけど(笑)。

クリスマスイベントでもあった、ステッカーとバッチのセット。
よくわからい組み合わせだけど、これからシリーズ化していくのかな?

z143.jpg

プロフィール

masami

  • Author:masami
  • 龍一くん大好き!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。