レンタル リリースイベント大阪レポ - 龍web 緒方龍一ご贔屓ブログ
FC2ブログ

龍web 緒方龍一ご贔屓ブログ

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07
 
ステージはいたってシンプル、いくつかのトラスが組まれた簡単な照明とモニターがあるだけで、幕もない。
左右どちらにもパテーションがステージに設置されていて、どこから登場するのかも、そしてどういうキッカケでライブがスタートするかも、わからない状況。
だって!野外の炎天下なんだもん(笑)。

流れていたスペイシーなSEが流れる中、パテーションの向こう側に足が見えて、場内騒然!
センターブロックからは見えなかったけど、角度の浅い前列は対向線上でスタンバイしているメンバーが見えていたみたいで、歓声が上がり始める。

特に目立っていたのが上手のパテーションにいる黄色いエナメルっぽいスニーカー。
他にも数人靴は見えたけど、他の皆は黒っぽいんだもんッ。
となると、こんな派手な靴は慶太か龍一くんに違いない(笑)。

中央のトラスに組まれた照明が光って(全然!照明の効果はないけど)、「HYBRID DREAM」がスタート!
上手のパテーションから飛び出してきた黄色い靴は龍一くん☆
龍一くんとダンサー2人が上手から出てきたけど、慶太と涼平は出てこなかったから二人は下手パテーションからの登場だったみたい。
ダンサーはYUKI、ACHI、KENちゃん、・・・と誰だったかな。あと1人いて4人だった。

炎天下の野外ということもあってか、サインライトをもっていない人も多くて、そのせいもあるのか、音響設備がいつものホールと違うせいか、お客さんの拍手が凄く聴こえる(笑)。

龍一くんはド派手なオレンジのパーカー、黒のパンツに黄色のナイキスニーカー。
パーカーの中は黒のタンクトップで、肩がとってもいい色に焼けている(笑)。

龍一くんのパーカーは、袖の下にもファスナーがついていて、出てきたときから右手側のファスナーを下ろして体が見えている感じ。
あのJUNONで着ていたものと同じものなのかな?

キャップを被って、オレンジ色のフレームで玉虫色に光るサングラスもかけてた。
龍一くんがサングラスだなんて、ちょっと新鮮だったかも!

ダンスもかわいくて。
マイクを持たずに踊っているので両手が使えて、スペイシーな感じも出ててステキ☆
「♪キラキラと輝いて」で、龍一くんが顔の前で手をヒラヒラしてたり(でも、2回目のキラキラは何もやってなかったー)、「♪未練はもう捨てた」で手をふわっと払っていたり、ダンサーと大きな円のフォーメーションを作ったり。
龍一くんはポージングをつけるときに、パンツの表面をちょっとだけ摘んで、というのを繰り返していたんだけど、その指先がかわいくてどうしようかと!

慶太は、ちょっと音が不安定だったりしたけど、ところどろで「ふー!」とか叫んでた。
調子がいいんだか悪いんだか、まるでわからない(笑)。

HIBRID DERAMの終わりでステージ後方でポージング。
そのままRain Is Fallin'がスタート!
固まった皆を見ると、龍一くん一人がジーンズじゃないことに気がついた(笑)。

慶太の衣装もちょっと見てみると、結構シンプルで黒いチェックぽい感じのシャツに黒のベスト、ジーンズに黒のサスペンダーをぶら下げてた。
ちゃんとジーンズも足元まで裾があって、黒のゴツイめのスニーカー。
慶太のこのスニーカーはどっかのテレビかライブかでみたことがあるような、ないような・・・(笑)。
そして、残念ながら涼平の衣装は記憶にない。
どうだったかな、長袖にベスト、ストールを巻いていたような気がしないでもない。
それより衝撃だったのがダンサーの衣装!
ふくらはぎでカットされたジーンズに、モノトーンの柄スパッツ、そして胸元は7thさながらのモノトーンなストールを三角巻き、という慶太リスペクトな衣装で、どうしようかと(笑)!
ストールはファンクラブイベントでも衣装であったけど、なに、慶太ってファッションリーダーだったの?

Rain Is Fallin'は、ファンクラブイベントでも何度か見たことのあるパフォーマンスだけど、あのときは衣装と照明効果が大迫力でインパクトが凄かったんだけど、今日のリリースイベントは衣装も違えば、炎天下の照明効果は全くなし!のステージ。

暗くて照明が都合のいい場所だけ照らすステージと違って、野外ライブではダンスは全部丸ごと見れて、本当にある意味すごい!

龍一くんはダンスがとってもクールで、HYBRIDから2曲ずっとキリリと踊っていたんだけど、「♪回るよミラーボール」のあたりでちょっと後ろに下がったときに、ニコっと口が笑って!
サングラスで表情は見えなかったんだけど、超かわいい!!

どこのフリだったかな?龍一くんが左側のファスナーも下ろしてしまって、パーカーの肩にかかっている部分とそのバランスが悪くなってしまって、ずり落ちまくり。
途中でちょっと服を直したりしていたけど、すぐにグチャっとなってしまってた(笑)。

そしてCメロあとのサビで慶太が勢いを付けてステージから飛び降りちゃった!
最前列には柵があって、慶太がステージとその柵の間を上手から下手と移動していく間もステージで龍一くんは踊っていて(笑)、「♪かつてのスキャンダラスで~」のところで、下手でお客さんを煽っている慶太を、両方の指で指してフリを替えていて、ちょっとかわいい(笑)。

そして最後のサビで、間近で大歓声が上がり、思わず観てみると、すぐ目の前で慶太のほうから客席に柵を身を乗り出して、「体を触っていいよ!」ばりのテンション!
マイクを持った手を振り上げて、歌わず体で煽る慶太にお隣のファンの方が、1列目の折りたたみイスを押しのける勢いで身を乗り出して、触りまくってたので、せっかくだし私も触ろうかなー、と手を伸ばしてみた☆
ちょっと楽しい!
・・・慶太だけど(笑)。

後奏でステージに戻った慶太、センターで機械的な手のフリをニコニコと楽しそうに踊っていて慶太のくせにちょっとかわいい!

曲が終わると後ろに下がって、それまで頭につけてたインカムを外して首に下げる龍一くん。
それまで聴こえていた「はーはー」という息遣いが聞こえてきてたのがなくなったのが、ちょっと寂しい(笑)。
マイクを手にセンターに戻ってくる龍一くん。

手にしたマイクを不思議そうにしながら「マイクの下の方がクルクルまわる!」と、龍一くんがマイクの下の方をイジっていたら、ストンとカバーが外れて電池が見えた。
ちょっと大丈夫(笑)?!

「それはまわさないようにお願いします(笑)」と龍一くんに慶太が言うと、だってー、というようにマイクを慶太に見せる龍一くん。
超かわいいんだけど!

龍一「東京は雨だったんだよー」
慶太「ホントは今日降る雨が昨日降ったらしくて」
龍一「雨だったら皆こんなテンションじゃないでしょ?」
慶太「お前らだけ、屋根のあるところで!って(笑)?で、雨だったらオレたち、(屋根のギリギリじゃなくて)もっと後ろで踊ってたから(笑)」
観客「えー!」
龍一「雨だったら慶太くんも降りなかったし」
龍一くんが慶太を見上げながら言うと、「マイクが壊れちゃうから」とマイクをトントンと叩きながら笑う慶太。

龍一くんが「皆さん、CDを買ってくれてありがとうございます。4万通の応募に対して2000人の方が当選されました☆」と話すと、慶太と涼平もお礼を言う。
いつでも礼儀正しいw-inds.(笑)。

龍一「10枚買った人とかいるかも」
観客「14枚!」
慶太「それいくつも当たったらどうするの(笑)?」
観客「1枚しか当たらへんッ」
慶太「当たれへんのか~(笑)」
思いもかけず出てきた慶太の関西弁に場が和む。
どうしたんだろう、慶太がすごくいい人っぽい!MCが出来る人っぽい(笑)。

イベントの応募の為にも複数枚購入した人がいる、という話から、ブックオフで「自分のCDがあったら落ちる」と話し出す龍一くん。
以前にもどこかでこの話は聞いたことがあって、隣の慶太も「また話し出したよー、この人」と言わんばかりの視線を投げかけているのに龍一くんは止まらない!

「1枚100円?まさかw-inds.は、ねーだろー」と言いながら、ワゴンからCDを抜き出すフリをする龍一くん。
龍一「(CDを眺めるリアクションをしながら)Because of youなら仕方ないか」
慶太「なんてこと言うんだ(笑)!」
龍一「夢の場所へ。3枚!?」
観客「フー(笑)!」
慶太「フーじゃねーよ(笑)!!」

どの話の流れでだったか忘れちゃったけど、慶太が突然サッカーの話をしはじめて。
「今日は、ワールドカップ。日本サッカー!忘れちゃダメですよー。ワールドカップになったら見るのに、予選は興味ない、とかいう人がいるけど」と慶太が言うと、胸を張って龍一くんが反論。
龍一「だから!そんな風に言われるから僕は最初から全部見ない。それがいいでしょ?」
慶太「・・・・・・いや、ぜひ全部見てもらいたいですけど(笑)」

あと、どこだったかな?龍一くんのパーカーが崩れまくってきて、「龍一くん~」みたいに前の方のお客さんが呼びかけたら、「あぁ、これ?」という風に右側のパーカーのファスナーをちょっと引き上げてお洋服を調えてくれた。
ちょっと分解されまくりになって踊りにくそうになってたからね、パーカー(笑)。

龍一「このあと時間があったら、握手会があるんで。よかったら」
慶太「・・・まぁ、皆さん時間は作ってきてもらえると思うんですけど(笑)」
スタッフみたいな口調で話す龍一くんに呆れ顔で笑う慶太。

そして、龍一くんが唐突に「次の曲はI'm a Man」というとビックリとした歓声が上がると、慶太が速攻で否定。
慶太「龍一くん、曲紹介で嘘つくの好きだよね(笑)」
龍一「(笑)。次の曲は、MOON CLOCK!・・・マニアックな話でも笑ってもらえて嬉しいよね(笑)」

後ろに下がっている慶太のそばまで行って、「タイトルなんだっけ?」と聞く龍一くん。
呆れ顔で「最近出たばっかりの曲なんですけど・・・」と助け舟を出すつもりはなさそうな慶太を前に、「3回くらいタイトルが変わったんですよ」と言い訳をする龍一くん。
そのあとすぐに「思い出しました。You are...」と曲紹介をしてくれたんだけど、龍一くんにはちょっと放置で辛口くらいの慶太がいい!

ファンクラブイベントでは、衣装やダテメガネ以外にも、歌詞に合わせてファーストフードの紙袋を持ったダンサーが登場したりしていた曲だけど、リリースイベントでは2番までダンサーなし。

この曲で一番大好きなフリが「ため息一つ」の龍一くん→慶太→涼平と繋がる手のフリ。
何度見てもかわいい☆

Rainと比較すると、ファンクラブイベントに行っても行ってもこの曲の歌詞は全然聴き取れないところも多かったから、歌詞を知ってパフォーマンスを見るとまた違った印象。

曲が終わると、龍一くんが「以上です」とコメント。
もちろん観客は「えー!」と、驚き隠せず。
だって、3曲しかやってない!!

3人が深々と「ありがとうございます」と一礼しても、ちょっと信じられない感じ。
え、もう終わり!?

慶太「準備してきます☆」
龍一「ホントは2曲だったんだよ?でも慶太くんがもう1曲やろう!って3曲になったんだから」
そうだよね?と龍一くんが慶太を見ると「うん」と笑っている。

そのあと3人が袖にはけても、まだ冗談だと思ってたくらいで、スタッフさんが握手界の段取りを説明し始めてようやく事態が理解できた。
やっぱり、ライブは3曲だけだったの?
3曲ってわかってたらもっと全力で龍一くんを観たのに・・・。

クリスマスイベントを想定して、もうちょっと長いと思ってたから、ショックは隠せなくて。
東京はメディアも入るかもしれないし、ちょっと長いかもしれないけど、大阪は本当にあっけない!という感じで終わってしまったかも。
それとも、そもそもクリスマスイベントとリリースイベントは違うのか・・・。
どちらにしても、あっという間の賞味20分!
野外でみるw-inds.って新鮮だったし、結果的には見所満載で楽しかったけど(笑)。

当選できて本当によかった!





スポンサーサイト

Comment

2009.06.11 Thu 10:54  |  

レポ、ありがとうございます。

野外ライブって新鮮ですね。
表情とか丸見えでホールとかよりドキドキしちゃうかも。>_<
暑いのは嫌だけどいつか機会があったら行ってみたいです。

2009.06.12 Fri 15:13  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • #
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ryuweb.blog14.fc2.com/tb.php/1403-e35b5678

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

masami

  • Author:masami
  • 龍一くん大好き!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。